ルーン占いを知っていますか?

あなたはルーン占いを知っていますか?聞いた事がないという人が大半なのではないでしょうか?
ルーン占いとはルーン文字を使った占いの事です。
そもそもルーン文字自体があまり有名な文字ではないのですが、ルーン文字とはゲルマン語の表記で使われていた文字の事です。
ルーンという言葉は神秘や秘儀という意味があり、いかにも占いに使われそうな雰囲気の文字なのですが占い専用の文字というわけではなく、日常生活の中でも普通に使われています。

ではルーン文字を使ったルーン占いですが、その占い方はいたってシンプルです。
石や木、金属、ガラスなどその素材は何でも構いませんが、それらにルーン文字を刻みます。
そしてそれを25個用意します。ルーン文字を刻んだ素材を布の袋の中に入れて、占ってもらう人がその中から1つ選びます。
選んだものに刻まれている文字でその人を占うという占い方法です。

最近は石などの素材を使わずにルーン文字が書かれたカードを使用するケースが増えているようです。
ルーン文字の言葉の意味から占うわけですから、例えば占いで探し物を見つけて欲しいとか、どの時期に運気がよくなるのか、そうゆう詳細が分かるわけではありません。
ではどんな事を占うのに向いているのかというと、選択肢がある悩みについてです。
プロポーズをされたけど迷っている、受けるべきか断るべきか、仕事を今止めて転職するのがいいのか、このまま今の仕事を続けるべきか、そんなふうにどちらか選ばないといけない時にルーン占いが答えを導いてくれるかもしれません。

ルーン占いが出来る占い師は少ないですが、占いサイトでなら見つかるかもしれません。

ワーキングホリデーの行き先の決め方について

ワーキングホリデーに行く若者が増えています。
システムが整ってきているので少ない負担で海外で働く事が可能になりました。
ワーキングホリデーの国はワーキングホリデーを積極的に受け入れている国という事が条件なりますがそうゆう国はたくさんあります。
自分がどうしてもここの国に行きたいという憧れの国がある場合はそこに行くべきだと思いますが、そうではなく日本以外の国で働きてみたい。
海外の文化に直接触れてみたい、いろんな経験をしてみたいから行くのであって行く国はどこでもいいという人もいるかもしれません。

そんな場合はワーキングホリデーの行き先を占いで決めてみたらどうでしょうか?
占い?それよりは食べ物や物価などで決めた方が堅実だと思う人もいるかもしれません。
しかし占いが実は一番堅実な選び方かもしれません。

例えば旅行へ行って体調を崩してしまったり、お財布を盗まれるなどのトラブルに合う場合は海外に行って日本との違いに身体が驚いてしまっただけと解釈してしまいがちですがそれだけとはかぎりません。
実はその国とあなたの相性が悪く運気が下がってしまったためにトラブルにばかり合う可能性があります。
まだ旅行で2~3日であれば、旅行は台無しになってしまいますがちょっと我慢すれば日本に帰る事が出来ます。
しかしワーキングホリデーなら海外にいる期間が旅行よりも何倍も長いわけです。
トラブルの被害が大きくなってしまいますよね。特に言葉も上手く通じない国でトラブルに合うと大変ですから占いの結果で相性のいい国に行く事をお勧めしたいと思います。

電話占いの歴史について

占い自体はその歴史はふるいですよね。
昔の方が占いによって国を動かすなど、今よりも占い師=巫女や神のお告げとした認識だったのかもしれません。
そしてネットが普及する前は占い=占いのお店で対面で占ってもらうものという認識が強く電話占いはあったのですがそれほど人気にはなりませんでした。

ネット普及前の電話占いはダイヤルQ2というサービスを利用した営業方法で行われていて、通話料も利用者負担などで負担額も大きかった事が普及しなかった要因でしょう。
そこからネットが普及して電話占いのサイトが次々と開設されるようになりました。
東京まで行かなくても人気の占い師に占ってもらえる、自宅にいながらいつでも占いをしてもらえると利便性が高まり電話占いは利用者が一気に増加します。
占い師も個人で占いをするのではなく、占い師は法人化し会社の社員扱いで占いをするようになります。

ネットの普及に伴い、人間関係は希薄化し従来は友達や家族に悩みを打ち明けて相談していた役割が機能しなくなったため電話占いで占い師に悩みを相談する人が増えたのでしょう。
そのためただ占いをするのではなく、カウンセラーとしての役割が占い師には加わった事になります。
もともと話を聞いて占うというスタイルであったため、そこに電話で顔が見えない、匿名性が守られるという要素が加わった事で安心感が高まったのです。

もちろん大きな決断をしなければいけない時に何もかも占いで決めるのは危険です。
それに24時間365日電話占いはあなたを受け入れてくれるかもしれませんが、それが依存とならないように注意も必要です。

電話占いの料金と支払い方法について

電話占いの料金は○分でいくらという時間単位で発生します。
相場では1分で150円~200円ぐらいです。
ただどうしても話しているうちに話が長くなってしまい、あっとゆうまに時間が過ぎて金額が高額になってしまいがちです。
なので1回の電話占いは30分以内・・・という具合に自分で時間を決めておきましょう。
そして30分なら自分が話す時間が15分で占ってもらう時間が15分というふうに時間配分まで考えておきましょう。
30分話し続けて、それでろくに結果に聞かずに終了とならないようにして下さい。
あとは悩みや相談事、そして占ってもらいたい事など箇条書きでいいのでメモにしておくとスムーズに話せるでしょう。

電話占いの支払い方法に関しては前払いと後払いがあります。
前払いとは先にポイントを購入して、利用した分をポイントで支払うというものです。
この場合はまとめてポイントを購入した方が割安となりますが、初めて利用する電話占いのサイトの場合はそのサイトが信用出来るかどうか分からないので最少単位で購入し様子をみましょう。
もし信用出来る電話占いのサイトであっても人気の占い師の占い方法が必ずしも自分に合うとも限りません。
人と話していて話しやすい人、一緒にいて安心する人など相性があるように、占い師とも相性が合うかどうかが重要なのです。
相性の合う占い師が見つかるまでは前払いのポイントは購入しすぎないようにして下さい。

後払いの場合は利用した分が月末に請求書として届くか、クレジット引き落としになるのか、指定された口座に振り込みになるのか支払方法は電話占いのサイトによって異なります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.